メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

こんなときは、電話をしよう

1月10日の日曜日。今朝も寒い。

東北、北陸地方の大雪が心配だ。と思って友人に電話をしたら、向こうからウイルスを心配された。  確かに!

すべての報道から生活までウイルスに囲まれているので、そのことを書いても誰も読みたくないはずだ。

(そう言いながら、・・・)

今度の緊急事態宣言、何か間が悪い。わかりにくい。

ウイルス感染の主な原因は飲食関係(と専門家が言う)、だから営業時間を8時までに。それを守らない店名は(特措法で決めて)公表すると。

これって、罰するのか? 悪いことしたのか?

わからないではないが、飲食関係悪者論みたいな動きにならないか心配だ。8時を守らない店がネットで攻撃されるとか。

でも、8時からしか来店が無いような店ではどうする? 休業だろう。

これも「自助」「自己責任」ということなのだろうか。

 

この年末年始、そしてこの3連休、私もほぼ家の中で過ごしている。

こんなにたっぷり考える時間を持ったことは、わが人生の中で無かった。

本当にいろいろと、思うことがあった。

「人間って、なんて優しいんだろう」「言葉の大切さ」「伝えないと伝わらない」「迷ったら、自分がきついほうを選ぼう」・・・。

 

私が一人で過ごしているのを思って(だと思う)、ブログを読んで、ブログが遅れたことを心配して、いろんな人が連絡をくれた。

実は(言ってないけど)、とてもとても嬉しかった。励まされた。

そして私からも、思いついた人に電話した。

佐賀に、妻のお姉さんたちに、友に。

(うちの社員にも電話したが、これは目的がちがう。)

 

メールもしたが、「久しぶり!」はやっぱり電話だ。

話し方で、様子(心の状態)がわかる。安心し合う。励まし合う。

そう、今何かを伝えたい、何かを受け止めたいなら、電話をしよう。

少し、元気になれるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »