メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

それでも、なぜやるのか

5月23日の日曜日。薄曇りの朝で少し肌寒い気がする。

そういえば、関東は梅雨入りしたのだろうか?

 

IOC(国際オリンピック委員会)副会長の、緊急事態宣言下での五輪開催の表明があったと報道している。

「世界保健機関(WHO)などから、緊急事態宣言下であっても、十分安全で安心な大会を開催できると助言を受けている」という理由だそうだ。

 

緊急事態宣言に入る県が増えている。

医療崩壊によって、入院先が見つからず亡くなった話も増えている。

 

本当に、本当に、・・・緊急事態宣言下でオリンピック・パラリンピックを開催するのか?

コロナ禍は、世界中の問題であり、各国の競技関係者やアスリートも感染拡大と戦っている。五輪参加を断念する国やチームも。

取り返しのつかないことをしようとしていないだろうか。

「命ファースト」よりも何か別のことを優先して。

 

代表に選ばれている選手たちのことを考えると、気の毒でたまらない。

どういう結果になっても、このままでは選手たちは心に大きな傷を残してしまうのではないか。

意味不明の「安心安全の大会ができる努力をしていく」という説明は、「それでも、なぜやるのか」の答えには、なっていない。

 

今朝は別のテーマを考えていたのだが、書き出したらこの文を書いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »