メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

不自由で不安なときに

9月12日の日曜日。

今朝のウォーキングのとき、キンモクセイの香りがあちこちで。

あっという間の秋の到来を教えてくれる。

 

緊急事態等の措置が、9月いっぱいまで延長される。

そのあとのことは、まだわからない。

不自由だなと思い、不安が募る。

 

子どもたちは、

自由に学校に行けなくて、友達に会えなくて、給食時間も話ができなくて、思う存分に大きな声を出せなくて、不自由。そして勉強のことも不安。

 

ウイルス感染で私たちの生活は、

具合が悪くなっても、ほかの家族に感染が心配でも、病院が迎えてくれなくて、不自由で不安で最悪。

失業したり、収入が激減したりする人が増えているのに、まだこの先どうなるかわからないのは、不自由で最悪。

 

地球温暖化による異常気象で、毎年災害が起こっている。

その傷が癒えぬうちに1年たって、また災害が起こっている。来年の夏も同じようなことになるのだろうか。(不安)

 

そんな中、ニュースは総裁選だ。

私たちの、こんな不安や不自由に、誰が正面から応えようとしてくれているのだろうか。

ワクチン2回接種が国民の半分しか済んでいないときに、ワクチン担当大臣が立候補活動だ。

これも私の不安の一つだ。

 

ウイルス禍がもう1年半。そしてこれからいつまでか。

子どもたちは、そして私たち大人は、これからどう行動するべきなのか。

国は、明確な提起をしてもらいたい。

不自由や不安を、しっかりくみ取って。

私は、その提起をしっかり考えて行動する。

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »