メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

今、心配していること

10月18日の日曜日。朝陽が部屋に差し込んでいる。

昨日は一日中雨が降っていて、とても寒かった。

 

新内閣が誕生して1か月以上過ぎた。

各メディアでは、連日その動向を報じている。

では人々は、そのニュースでどんなことを受け止めているのだろうか。

デジタル庁・・・どうなるのか正直わからない。

東京五輪・・・「やる」はわかるが、みな心配。

学術会議・・・問題のすり替えが起こっていないか?

なんだか「総合的、俯瞰的」発言以来、政府のコメントに中身が無くなっているように思えて仕方がない。

「コメントを差し控えます」、これも多い。

 

ウイルス禍によって、世界の貧困が広がっているという。

そうだろうと思う。弱い立場の人から職を失っていく。

OECD(先進諸国の集まり)での相対的貧困率の平均は11.7%。そして日本は平均より高い15.8%。

シングルマザーなどのひとり親世帯などでは48.2%。

これは2018年資料なので、ウイルス禍後のこれからは、さらに数値が上がることになる。

 

「医療」「食料」そして「教育」には、貧困格差の影響が歴然と現れる。

日本の国民性を「民度が高い」と誇っている人がいた。

ならば、こんなところに着目して取り組んでほしい。

 

もう一つ心配事。

福島では原発汚染の処理水(トリチウム)を海洋放出すると決定されるらしい。

心配でたまらない。

「風評被害」で、自然を相手の仕事に従事する人たち(漁業や農業)が、また追いつめられるのではないか。

 

心配事が増える毎日だ。

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »