メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

今を、大切に生きる

1月2日の日曜日。朝7時過ぎで薄曇り、寒い!

明けまして、おめでとうございます。

 

年末から日本海側では大雪が続いていて、まだ降るらしい。心配。

夏には毎年大雨水害が出て、冬には豪雪となると、これも地球温暖化の影響なのかなと、素人考えをしてしまう。

地震のことも考えると、この地球が積年劣化の現象を起こしているような気持ちにも。

 

一週間の年末年始休暇を過ごしている。

独り身の生活なので、普通の休日の過ごし方とほぼ変わらない。

早朝ウォーキング、軽い朝食のあと午前中はデスクワーク、午後は食材などの近所への買い物、そして読書などで過ごす。

料理をすることで、一日の区切りを確認している感じだ。

 

5日が仕事始めなので、今はその準備に集中している。

2022年、どんな年になるのか、するのか。

私たちの公教育に携わる仕事というのは、社会の動きに連動する。

2年間続いているウイルス禍は、私たちの生活と意識を変えた。

毎日の過ごし方を考えるきっかけとなった。

 

何かのきっかけですぐ孤独になってしまう。あるいは孤立を感じてしまう。

そんな人が増えたのではなかろうか。子どもも。たぶん、この先が見えないから。

 

「今を生きる、与えられている今を大切に生きる。生き物たちはその連続です。・・・生きるのに疲れたとかいうのは人間だけ」(はずれ者が進化をつくる 稲垣栄洋著)というのを読んだ。

確かに! 

 

ということで、強い気持ちでスタートします。

お昼からは、墓参りと近くの神社に初詣での予定。

今年も、頑張りましょう!!

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »