メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

子どもたちの未来は

11月8日の日曜日。晴天が続き、空気が乾燥している。

寒くなって乾燥すると、ウイルス感染の条件だ。

この数日、一気に感染者が増えてきている。

東京で300人前後、全国で1000人超、各地でも。

この冬をどう過ごすことになるのか、みんな不安だ。

そして学校はどうなるのだろうか。

 

「分断」・・・アメリカ大統領選の報道を見ていて、思うのはこの言葉だ。

真っ二つに意見が分かれた。その結果を認めようとしない人々の様子は、私の想像の範囲を超えている。

民主主義のルールは、どうなったのだ。これからの混乱が心配。

 

振りかえって我が国を見ると、そこにも「分断」らしきものがあるようだ。

国会でのやり取りが、対話とか知性のあるやり取りとは程遠い。

質問の場で、「答えを差し控えます」の連発ではないか。

とてもとても、人々の命と安全を守る指導者たちの言葉とは思えない。

 

私には、中3、中1、小3の孫がいる。

それぞれ、学校生活や進学など大変な1年を送っている。

これは全国どこでも同じだ。

この子たちには、どんな未来が待っているのだろう。

長く生きてきたこの私が心配するほどの、社会の「分断」的状況のなかで。

 

ネガティブ・ケイパビリティ―

答えの見えないなかで、耐えて、考えて、生き抜く力。

この言葉を考えるときかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »