メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

子どもたちは、何を思うか

4月25日の日曜日。 薄曇りの朝だ。

今朝は、緊急事態宣言のニュース一色。

日本全国から、ため息が聞こえてきそうだ。

ため息の中で、みんなは何を考えているのだろう。

 

つい先日、緊急事態とまではいかないと、変異型ウイルスは関西圏の問題だと言ってたけど・・・。

「まん延防止」の宣言とは、いったい何だったのか。

専門家の意見を聴きながらというが、どう見ても専門家はもっと深刻な提起をしていた。

何を判断基準にしているのだろうか?

 

この判断のあいまいさに、東京オリ・パラ開催が影響しているということはないだろうか?

毎日聖火リレーの様子を伝えるTV、そして新聞。

私には、国への「忖度」のような気がする。

国民の大半が中止や延期を望んでいても、やっていいのだろうか?

 

似たようなことで、原発汚染水の海洋放出問題がある。

地元の人は反対が多い。当然だと思う。そこで生きているのだから。

それでも実行できるのだろうか?

 

「主権者のいない国」(白井聡 講談社)を読んでいる。

「私たちが私たち自身のかけがえのない人生を生きようとすること、つまりは人としての当たり前の欲望に目覚めること」(317頁)と。

今の社会の様子を、落胆したり、あきらめたり、あるいは希望を持ったりするのならば、それは各々の生き方として判断し、行動することなのではなかろうか。

 

明日を生きる若者や子どもたちに、今私はそんなことを伝えたい。

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »