メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

居場所を、複数持つこと

6月21日の日曜日。小雨が降っている。

先日、最近は梅雨が梅雨らしくないと書いたが、梅雨らしく小雨模様で、蒸し暑い。

 

ウイルス禍では、段階的に制限解除が進み、街に人が戻ってきているようだ。

まだ東京では連日40人ほどの感染者が出ているし、危ないなあとは思うのだが、一方では「わかる、その気持ち、そうだよなあ。」とも。

これまで、自粛によって家庭内軟禁状態が続いた。

それぞれの家庭での「初体験」だったはずだ。

「stay home」は、実はしんどい。

友だちと会えないのは、ストレスがたまる。

子どもは、親に勉強しろと言われるのがいちばんイヤだ。

スマホに触りすぎと、何回も言われる。ムカつく。

 

この状態が続いているなかで、親も同じくストレスをためている。

テレワークなんだけど、子どもを見ているとイライラするし、集中できない。

一日中、家の中に複数でいるのはしんどいと気づいた。

パートナーと毎日24時間一緒というのは、・・・楽しいばかりではない。

 

これらは、想像で書いているからホントはわからない。

でも、そんな気がしないでもない。

 

やっぱり、複数の居場所が必要なんだと思う。

子どもには、家庭があって、学校があって、友達がいて。

大人には、家庭があって、勤め先があったり、友人とおしゃべりが出来たりして。

できれば、子どもにも大人にも、三つ目の居場所があればもっといい。

子どもは、サッカーチームや習い事の仲間など。

大人には、地域活動やボランティア。スキルアップの勉強もいいなあ。

 

ウイルスによる「軟禁状態」で、人は複数の居場所を持つことの大切さを学んだのではなかろうか。

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »