メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

希望とは、生きること

12月27日の日曜日の朝。 寒い。

今年もあと5日。それにしてもこの1年は・・・。

 

昨日の感染者は全国で4000人弱、東京で1000人弱と、毎日記録を更新している。これがめでたいことだったら、日の出の勢いというやつだ。

逆だから何だろう、泥沼の様相か。

 

入院して辞職した元農相は、業者の要望通り動いての収賄。

原発は、廃炉も排水処理も未解決の中、再稼働の動きが活発だ。

前首相は、「全部秘書のやったこと」として道義的責任を感じながらも説明責任を果たしたとしている。

だれが考えても、それはおかしいと思うことがまかり通っている。

これがあと5日で終わる今年の状況だ。

 

今の日本には、不安に苦しむ国民への、国からのメッセージが無い。

追求されて釈明することに熱心なだけだ。

何とかしなければ、というところまで来ている。

それは、教育からだと私は考える。

競争論理や自己責任の教育ではなく、インクルーシブ、多様性を認め合う教育だ。

国を挙げて、覚悟を決めて本物の教育を真剣に考えるようになったとき、この国に希望が見えてくるような気がする。

 

この1年は、私個人にとってもつらく悲しいものになった。

そこにコロナだ。

あと1か月で1周忌を迎えようとする今、心に浮かぶのは多くの人の励ましだ。

「しっかりせんか!」

毎日しっかり生きるということの大切さを、これほど考えたことは無かった。

全国のお仲間に、心から感謝を申し上げたい。

 

「希望とは、生きること」私の1年間のまとめである。

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »