メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

投票に行こう

10月24日の日曜日の朝。 昨日に続いて快晴で気持ちがいい。

今年も、あと2か月かあ。  あっという間だ。

そして来週の今日は、総選挙の投票日。

 

毎日、各党の主張がTVや新聞で報道されているが、正直あまりピンとこない。

話を真に受けると、みんな収入が増えそうだし、税金は軽くなりそうだし、男女差も少なくなりそうだし、弱者には温かい目が向けられそうだし・・・。

 

ところで、総選挙レベルでの投票率は毎回50%前後だ。半分近くは投票しない。

そんな国を、世界では不思議に思っている。

なぜ自分の意思表示をしないのか、せっかくの権利なのにと。

 

ほんとに、なぜだろう?

今のままで満足という人がよっぽど多いのか?

いや、満足なら投票しないということにはならないはず。

そして、そんなに満足な人が多いとも考えられない。

高齢者が投票率が高く、若くなるほど低くなる。これも心配なことだ。

 

実は、日本の国会議員の世襲の割合は6割を超えている。そして年齢が高い。

さらに女性の割合はほぼ1割。・・・どれも世界では稀有。

これらがこの問題のキーポイントかもしれない。

 

22年からは、高校で「公共」という教科が新設される。

社会の「仕組みを学ぶ」ことから、社会に「参加する」ことを大切に考えたからだ。

大賛成! 

これから社会の主人公になる高校生や若者たちが、自分の権利の行使として投票に行くようになってほしい。まさに投票は社会参加の行動だから。

 

私は、「投票する」こと自体が選挙の重要な課題だと思うのだが、どうだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »