メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

日本標準 教材EXPO 開催

8月4日の日曜日。

国中がうだるような暑さ。37度、38度、あちこちだ。

 

先週末の2日に、日本標準の統合物流センターで標題の催しを開いた

大分県の土井敏裕先生を招いての「プログラミング教育」講演と模範授業をやってもらった。

またそのほか、IT関連企業6社にプレゼンをしてもらった。

近隣の学校の先生方や教育委員会、そして多くの販売代理店の方々に参加をいただいた。

特に小学校の先生方には、プログラミング教育へのアレルギーが強い。

しかし、➀誰もが避けられない ②なら取り組む ③やるなら楽しく

ということなのだろう。

大事なことは、「想像力」と「創造力」だと感じた。

 

さて私は、今日山口県に向かう。

販売店さんが70周年を迎えられるので、そこに。

で、朝から妻をショートステイに預ける準備や、自分の旅の準備、そして明日出社できないので、社内のメール処理などで、今バタバタしていた。

それでブログを書く時間がいつもより遅くなった。

 

私の住む埼玉県狭山市で、昨晩は花火大会。同時にTVでは長岡の花火大会が映っていた。

まさに夏たけなわ。そしてもうそこには秋の気配が・・・。

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »