メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

日記のススメ

11月15日、日曜日の朝。まさに小春日和。

早朝ウォーキングで汗ばんでしまう。

 

それにしてもウイルス感染の拡大はどうだ。

この冬の、年明けからの、暮らしがどうなるのか見えない。

 

私は、日記を書いている。

いつからかは忘れたが、もう何十年も。長い。

5年日記というのを使っていて、1日6行だけ書く。

書くときに、同じ日の昨年や一昨年の自分が書いたものが読める。

とても役に立つ。

そうか、去年はそんなことがあったのか。一昨年は・・・。

もうすぐこの準備が必要だな、とか毎年あまり進歩が無いなあと反省なども。

 

子どもたちに、日記の習慣をすすめたい。

情報過多の時代、周囲に気を使いすぎていないか。

もっと自分を見つめたほうがいい。自分の本当の気持ちを。

 

昨年の11月10日、妻が緊急搬送された。

そして、ほぼ3か月後に、亡くなった。

その間、ずっと見守っていることを日記に書いている。

こんな結果は想像もしていないので、叱咤激励ばかりしている。

本人は苦しかったろうに、「うん、がんばる」と。

心静かに読めない。申し訳ない。

 

私の5年日記は、これからの自分の生き方を教えてくれている。

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »