メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

生きるということについて

12月26日の朝。来週は新年だ。

こちらは快晴だが、北陸方面では大雪警報が出ている。これからが本番のようで心配。

 

ほぼ毎週日曜のこのブログだから、たぶん今年最後となるだろう。

 

振り返ると、「生きること」についていろいろ考えた1年だった。

一昨年の2月に妻を亡くし、その直後からはコロナ禍がずっと。

この二つが重なって、以前に比べて極端に外部との交流が減った。

さらに、これからこの世の中がどうなっていくのか、わからないことだらけだ。

 

自分の生き方について考えるようになった。特に「独りで生きる」ということについて。(一軒家に独り住まいしているもんだから)

今少しわかっていることは、「思い出の中に生きる」ということと「目の前の現実に向かって毎日を生きる」ということだ。

当たり前といえば当たり前。でもそれが実感なのだ。

(こう書くと何だか侘しい独居老人の雰囲気になったが、そんなことは決してない。)

 

今朝のTVニュースで、老人ホームに見舞いに来た娘さんに、「ごめんね、長生きして迷惑かけて」と車椅子のおばあちゃんが窓ガラス越しに話しかけていた。

生きるって、大変だ。

 

明日と明後日会社に行ったら、休暇に入る。

会社のこと、社員のこと、そして自分のことなど考えることが山ほどある。

じっくり、考えてみたい。自分の生き方を。

 

今、私の机に本が3冊。

「日本語の大疑問(幻冬舎新書)」と「はずれ者が進化をつくる(筑摩新書)」と「この国のかたちを見つめ直す(毎日新聞)」。

この中から見つけた「言葉」を、また年が明けたら知ったふりして話そうかな。

 

1年間、ありがとうございました。どうぞ良いお年を!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »