メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

男らしさ 女らしさ

4月11日の日曜日。気持ちのいい快晴の朝だ。

今朝の散歩コースでは、きれいに葉桜になっていた。

地球温暖化のせいか、多くの地域で入学式シーズンの前に桜の花が散ってしまうようになったらしい。  

 

さて、ウイルスの恐怖は増すばかりだが、一方でオリンピック・パラリンピックの準備も進んでいる。

池江選手の奇跡のような大活躍には、ただただ感動する。

でも、一方で心配でたまらない。世界が祝福するオリ・パラになるのか、アスリートたちが心から納得できるものになるのか。

 

ところでこの1年、結果的にウイルスが私たちに教えてくれたことに、「男らしさ、女らしさ」の問題があるように思う。

私たちは今まで、何度となくこの表現を使ってきた。ふつうに毎日の生活の中で。

でも、その男らしさとか女らしさとかの言葉の中に「決めつけ」や「差別」がある。

これが、実に日本人には難しいようだ。

問題になったM元首相など、当人は正直まだ「?」という状況なのではなかろうか。

多様性を大切にする社会になるということに、強い気持ちで踏み込むときが来たのだと思う。

「男らしい、女らしい」を、「人間らしい、あなたらしい、自分らしい」と。

 

息子が、孫娘の高校入学式の写真を送ってくれた。

この子たちは、これからどんな人生を送っていくのだろう。

きっと、私のような戦後すぐに生まれてこれまで生きてきたものとは、全くちがう社会を作っていくのだろう。

「男らしさ、女らしさ」という表現などは使わないで、「自分らしさ」を存分に表現して生きてほしい。

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »