メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

立冬の朝に

11月7日の日曜日。 冬の始まり、立冬だ。

と言っても、暖かい。

ずっと長く5時起床でウォーキングを続けているが、やっぱり感じる。

服装が違う。着るシャツが一枚違うのだ。

地球温暖化の国際会議のニュースに接したから、余計そう感じるのかもしれない。

あと2度温度が上がったら、地球は大変なことになる。

その会議で日本は「化石賞」を授かったらしい。石炭火力発電に固執している国として。

 

2年前のこの11月に、妻は緊急入院した。

そして3か月も経たないうちにこの世を去った。

あの年末年始は、記憶が静止画になっている。

病院の受付、医師との面談室、病室の様子、帰りの夜道。

傷なのか、記憶なのか、印画紙の写真のように止まっている。

 

早朝のNHKのニュースで、NIPT(出生前診断)についてのドキュメンタリー番組を観た。

「あなたは受診しますか?」というテーマで。

ダウン症などの異常がないかを診断する。

ダウン症の妹を持つ若い女性が、両親やそれぞれの体験を持つ人にインタビューをしていた。

体験者の誰もが、答えのわからないことをずっと考えながら生きている。

 

その番組を観てそのままこのブログを書き始めたので、予定と違ってこんな内容になってしまった。

(温暖化のはずだったのに・・・)

人の命って、どうにもならない。何もできない。 

それだけ大切なんだ。 生きるということが。

 

日曜日、昼前になったらいつものように墓参りに行こう。

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »