メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

臆せず、前に進もう

2021年1月3日の日曜日。

明けまして、おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

不安を抱きながら迎えた新年ですが、やはり、やはり緊急事態宣言を出すかどうかの話題で始まりました。

年末年始に関係なく仕事をしている人も、もうすぐ仕事始めを迎える人も、宣言が出るのか、出されるとして、その内容はどうなるのか、不安に感じています。

 

私は、1週間の冬休みでした。明日まで休みです。住んでいる狭山市から出ていません。

休み前日に1週間の行動(生活)計画を作成、ほぼそれに沿って行動してきました。

朝5時起床でウォーキング。朝食や家事を済ませてデスクにつきます。

仕事や勉強に集中3時間。午後は読書か必要なら近くのスーパーに買い出し。

2回墓参りに行きました。心が落ち着きます。

 

明後日からの仕事始めに向けて、いろいろ考えていますが心配ばかりです。

社員や家族に感染者が出たときの手配は大丈夫か、会社は無事にスタートできるか、これは目が覚めている間頭から離れません。

 

「スマホ脳」という本を読んでいます。(集英社新書)

私たちは、常にだれかとつながっている。会議も授業もリビングでも。

テクノロジーの時代は、何と便利なことか。

しかし、何か物足りない、何か不安。

私たちを取り巻く環境と、人間の進化の結果が合っていないことが原因ではないか。

SNSを使っている時間が長い人のほうが、孤独を感じている。

 

ウイルス禍で痛めつけられている今、行動範囲が狭められたとしても、心の広がりを狭めてはいけないのでしょう。

どう生きるのか、考える時間を与えてもらっているのだと思います。

心は自分のものです。今こそ臆せず、前に進みたいものです。

1年後に、「良い年だった」と言えるように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »