メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

見つからない答えは、どうする?

7月26日の日曜日。昨日から雨が降り続いている。

ウイルス禍が無ければ、今、東京オリンピックが盛大に始まっていたときだ。

この4連休、こうなってみるとなんか不自然な気がしてしまう。

 

こんな状態のなかで、これからどうすればいいのかを誰もが考えている。

不安を抱えている。いらだちも高まる一方だ。

「法治国家」ならぬ「放置国家」、「Go To トラベル」ならぬ「Go To トラブル」という言葉が。

 

少し不思議に思うのは、こんなときに臨時国会が開かれないこと。

戦後75年間、いろんな大変なことが起こったけど、今のようなスケールの大きい不安は無かったのではないか?

こんなとき、全国の英知と、広く国民の意見を募って対策を考えるべきではないか。

そして、方針を立てて、国民に説明して、協力を促すのではなかろうか。

小学6年生までの学習で、憲法や国会のことを学んだことを考えれば、そう思うのではないか。

「緊急事態とは言えない」というのはなぜ?

「医療体制は大丈夫」とは、専門家は言っていない。

国と東京都が、お互いに非難し合っても困る。

 

「予期せぬ事態」を想定していない(いなかった)。

これが最大の問題ではないだろうか。

「想定外」の基準が無いから、コトが進んでもずるずると先延ばしになる。「何とかウイルス禍が治まらないかなあ」と。

 

さてさて、見つからない答えは、どうする?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »