メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

難しくても、年の区切りを

12月20日の日曜日。でも朝ではなく、今は夜。

実は、思い立って故郷(佐賀)に帰省した。

墓参りに行きたい、と思ったのだ。

今年はいろいろあって、本当にいろいろあって・・・。

今年もあと十日ほどになって、国からは動くな移動するなと言われているけど、本当はいけないことなんだけど、思いついたら一気に動いた。

 

私たち夫婦は、二人とも九州なので、昔は毎年のように帰省していた。

でも介護生活になり、妻はまったく動けなくなった。

ときどき私が仕事がてら佐賀に行き、時間があれば墓参りをすることはあったが、妻の状況も進み、この6年くらい私も帰省していなかった。

 

でもいろいろあった今年、何か区切りをつけたいと思ったのだ。

佐賀と福岡を分ける天山のふもと、小城市に私の両親は眠っている。

 

確かに、私の行動は軽率だ。

でも行ってよかった。今心は少し爽やかである。

こんな1年、そしてますます不透明な今、私たちは何か心の区切りが必要なのではなかろうか。

新しい年を、心広く迎えるためにも。

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »