メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

6月23日 沖縄慰霊の日に

この数年の梅雨は、変わった。 豪雨型である。 雷が鳴ることも。

TVニュースでは、道路が冠水していることを報道している。

私は、日本がどんどん「亜熱帯化」していると思っている。

九州で獲れていた魚が、今は本州や北海道で獲れるのだから。

 

6月23日の日曜日。  この日、まず私は沖縄を思う。

この日は、沖縄では公休日。(今年は日曜日で、振替休日はない)

沖縄終戦の日とされ、沖縄全戦没者追悼式が行われる。

戦争の悲惨さ、平和の尊さをあらためて確認する一日となるのだろう。

 

現在、日本にある米軍基地の74%が沖縄に存在し、普天間基地から辺野古への移設をめぐって、国と県は溝が深まっている。

そこから少し考えた。

この夏には選挙がある。今は選挙前だ。  現政権は長期政権で有名だ。

その政権のなかで、世の中はどう動いたのだろうかを。

経済と私たちの暮らしは、領土問題は、拉致問題は、・・・。

戦後の74年、日本はどんな発展を遂げ、どんな課題を残しているのか。

若者から大人、そして高齢者までみんなで考えてみることが大切なのではなかろうか。

6月23日という日は、そんなことを私にささやいているようだ。

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »