メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

75回目の終戦の日に

8月15日の土曜日。日曜日ではないけど、「せっかくの日」なので。

猛暑が続く毎日の中でも、今日は特別に暑くなるらしい。

暑さとウイルスの対策のために、全国民ひたすら家の中で過ごすしかないのだろう。

 

私の「せっかくの日」その1は、

75回目の終戦記念日。ウイルスですべて行事は控えめに。

戦争体験者や被爆者が、数年でいなくなるような状況だ。

核兵器禁止条約を批准していない国の一つが日本である。

なぜ批准できないのか、政府は国民にわかりやすく説明する責任があると思う。

学校で子どもに質問されたら、先生は説明したり話し合いをしたりする責任が生まれるからだ。

 

終戦直後、「この先どうなるのか」わからなかった。

75年後の今、再び「この先どうなっていくのか」まったくわからない。

ウイルス禍がこの先続けば(続くだろう)、挫折する企業と生活が困窮する人々が急増する。

地球温暖化のなかで、自然災害はますます深刻に。

進歩と発展を重ねてきた(はずの)人類が、この状況に無力だ。

 

「せっかくの日」その2は、

わが家で初盆を迎えている。ウイルスのため家族だけで。

墓参りをして、故人の霊を迎え、明日16日には送る。

世事に疎い私だが、少し神妙な気持ちになり、あらためて亡き妻のありがたみを思い出している。

自発的に来てくれた数人の妻のお友達、そしてご近所のご夫婦もうれしかった。

 

これが私の「せっかくの日」、2020年8月15日。

みなさんは、どうお過ごしなのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »