花のつくりと受粉のしかた
アサガオの実のでき方
虫が花粉を運ぶ花
風が花粉を運ぶ花

 
風が花粉を運ぶ花


 わたしたちは,「花」というと,ふつう,きれいな花びらがあるものを思いうかべます。
 しかし,ちょっとみただけでは,花かどうかわからないような,目立たない花もあります。
 最近,春になると「スギ花粉症」が,問題になります。スギのお花の花粉が,大量に風で運ばれて,アレルギーを起こす人が出るのです。
 スギやマツの花には,おしべとめしべがあって,実やたねができますが,花びらはありません。
 これらの花は,虫の助けで受粉するのではなく,風で花粉が運ばれて受粉します。そのために,たくさんの花粉をつくったり,風で運ばれやすいつくりの花粉になったりしています。

スギの花のようす
マツの花のようす




 図のように,歯がぬけたようなトウモロコシを,みたことはありませんか。お花がさいているトウモロコシのくきを,ゆすってみると,花粉がパッと飛びちります。花粉は,風に運ばれて,毛のようなめしべに受粉して,たねになります。トウモロコシの実で,歯がぬけたようになっているところは,受粉しないでたねができなかったところです。

トウモロコシの実
トウモロコシの花のつくり

アサガオへ
このページのはじめにもどる

(C)Nippon-Hyojun