メニュー表示

講習会・セミナー情報

日本標準は、学校教育支援の一環として、各種講演会・セミナーを開催しています。

シンポジウム「先生は忙しいけれど」終了

「多忙」、その課題と改善

基調報告、現場からのリポート、そしてパネルディスカッション小学校教師の「今」が分かる!!
 社会の変化、矢継ぎ早に行われるさまざまな「教育改革」。学校現場に身を置く一人ひとりの教師は、努力を重ねながら、そうした状況に対応しています。教育の向上とよりよい学校づくりを目指すNPO法人日本標準教育研究所は、今後の提言・教材づくりに生かしていきたいと考え、現在の学校・先生方の現状を調査するため、2012年から2014年に「小学校教師の意識についてのアンケート」を4回に分けて実施いたしました。

このアンケートを集計・分析した結果、小学校教師の多忙な毎日の解消と、同僚性の回復の必要性という大きな課題が浮かび上がってきました。

本シンポジウムでは、その調査結果をご報告するとともに、現場での改善の取り組みの報告と、課題克服について各方面の人たちが語り合います。

詳細

日時 2014年8月1日(金) 13:30~16:30  ※13:00受付開始
会場 KKRホテル東京
東京都千代田区大手町1-4-1
>地図を見る
参加費 2,000円
対象 小学校教員、その他教育関係者
定員 180名
主催 NPO日本標準教育研究所
後援 千代田区教育委員会、(株)日本標準
注意事項 ※参加者には、シンポジウム関連書籍「先生は忙しいけれど。」を贈呈いたします。 ※定員になり次第、受付を締め切ります。

タイムテーブル

●基調報告  「小学校教師の意識についてのアンケート」実施報告 増田修治氏(NPO法人日本標準教育研究所理事・白梅学園大学教授)
●記念講演  「ジャーナリストから見た、学校と教師の今(仮)」 三木陽介氏  (毎日新聞 社会部記者)
●パネルディスカッション 「先生は忙しいけれど。」
●会場との質疑応答