「特別の教科 道徳」の評価  通知表所見の書き方&文例集 小学校 低学年
目次

はじめに 

第 1 章 新しい道徳科の評価

◆ どうするの? 道徳科の評価
1 道徳科の目標と評価のポイント
2 道徳科と学校教育全体を通じて行う道徳教育の関係
   column1 道徳科を中心としたプログラムをつくろう!
3 道徳科の評価の工夫と配慮
4 評価のための資料の生かし方
   column2 子どもの自己評価を評価に生かそう!
5 略案から見る評価のポイント
   column3 指導方法によって評価は違うの?
◆ 所見を書く前に知っておきたい低学年の特徴

第 2 章 所見の書き方

1 所見を書くポイント
2 所見の要素と組み立て
3 所見の書き方の留意点
   column4 子どものやる気アップにつながる見方のヒント
◆ ここが知りたい! 道徳科の評価 Q&A

第 3 章 低学年の所見*文例集*

A 主として自分自身に関すること

善悪の判断,自律,自由と責任
正直,誠実
節度,節制
個性の伸長
希望と勇気,努力と強い意志

B 主として人との関わりに関すること

親切,思いやり
感謝
礼儀
友情,信頼

C 主として集団や社会との関わりに関すること

規則の尊重
公正,公平,社会正義
勤労,公共の精神
家族愛,家庭生活の充実
よりよい学校生活,集団生活の充実
伝統と文化の尊重,国や郷土を愛する態度
国際理解,国際親善

D 主として生命や自然,崇高なものとの関わりに関すること

生命の尊さ
自然愛護
感動,畏敬の念

総合所見

総合所見

資料

小学校学習指導要領解説 特別の教科 道徳編
第5章 道徳の評価

back
アンダーライン