いじめの解決
 子どもが変わる 教師も変わる


いじめは1週間で解決できる! 第一人者が語るいじめ解決法
編著:麻生信子(元福岡県公立中学校教諭)
定価 : 本体 2,000 円 + 税
A5判、224ページ
ISBN978-4-8208-0308-9


toku.gif
いじめ問題に取り組んで48年!
 著者は、教職についた二十代からいじめ問題に取り組んできた。しかし、いじめの解決にめどが立てられるようになったのは四十代後半からのことで、退職後、主宰する自主研修サークル「授業塾」で小・中・高校の先生と研鑽する中で、いじめ解決の取り組みの流れが確立していったという。今もいじめ解決の最前線に立つ第一人者!
いじめの解決法を示す!
(1) 教師がいじめにいち早く気づく。
(2) いじめられた子どもの家庭を訪問し、いじめの事実を把握する。
(3) いじめた子どもからの事実把握に当たる。その際、子どもに「いつ」「どこで」「だれと」「だれに」「何をしたか」を書かせ、自分のしたことをきちんと客観視させていく。そして、子どもたちが書いたものをつきあわせ、より具体性のあるものにしていく。
(4) いじめた子どもの保護者と話し合う。
 いじめ解決への手順を示すとともに、その具体例を以下に多数示す。
いじめ解決への実例を多数掲載
(1) 「いじめ」がわかるための授業の実例
いじめの解決への取組だけでなく、新学期の早い時期から、いじめる子どもたちの認識を変えていくような授業を日々行っていくことが大切。最近行われた授業から9例を紹介する。
(2) いじめ解決に取り組んだ実践
いじめに驚愕し、当惑しながらも、全身で真剣にいじめに向き合った教師たちの実践例。小学校低学年から中学生までのいじめの例のほか、障害者へのいじめなど6例を紹介。

home back
アンダーライン
(C)2007-2014 Nippon-Hyojun