戦後教育実践からのメッセージ
時代を拓いた教師たち

「時代を拓いた教師たち」
田中 耕治(京都大学大学院教授) 編著
定価 : 本体 1,800 円 + 税
四六判・240ページ
ISBN978-4-8208-0256-3
教育の戦後60年−未来に引き継ぎたい
骨太の教育実践がここにある!
※振込用紙は商品と一緒にお届けします。


「授業づくり」の重要性とその方法原理を示した斎藤喜博、「ことばの力」を育成するため国語科で単元学習を追究した大村はま、「落ちこぼれ」をなくすためすべての子どもに学力を保障する実践をめざした岸本裕史、豊富な体験と言葉を使った交流に支えられた「いのちの学習」を展開する金森俊朗…。
 戦後日本の教育をリードしてきた第一人者たちの実践から発せられるメッセージは、すべての教師に明日への実践のヒントと勇気を与えてくれます。

主な内容
序章 戦後における教育実践のあゆみ
第一章 新生日本を切り拓く
1. 無着成恭と生活綴方
2. 糸賀一雄と障害児教育
3. 大村はまと国語単元学習
4. 東井義雄と「村を育てる学力」
5. 斎藤喜博と授業の創造
第二章 学力と自治の保障を求めて
1. 遠山啓と水道方式
2. 大西忠治と生活指導
3. 庄司和晃と仮説実験授業
4. 岸本裕史と学力の基礎
5. 到達研と評価を生かした授業づくり
6. 仲本正夫と「学力への挑戦」
第三章 授業づくりと「生きる力」の育成をめざして
1. 向山洋一と教育技術法則化運動
2. 有田和正と教材づくり
3. 金森俊朗といのちの学習
4. 和光小学校・和光鶴川小学校と総合学習
home back
アンダーライン
(C)2005-2014 Nippon-Hyojun