スマホ世代の子どものための情報活用能力をはぐくむ 情報モラルの授業2.0
編著者・執筆者紹介
編者
今度珠美
(いまど たまみ)
鳥取県情報モラルエデュケーター。鳥取大学大学院地域学研究科修了、修士(教育学)。
全国の小中高等学校で、年間150校を超える「情報モラル教育」「デジタル・シティズンシップ教育」の授業実践、教員研修や保護者講演会のほか、教材研究、学術誌専門誌への論文投稿、新聞連載等行っている。

また開発した教材は学習デジタル教材コンクールで学情研賞、日本教育新聞社賞等を受賞。
鳥取県教育センターいじめ問題スーパーバイザー、
鳥取県差別事象検討小委員会委員、
人権擁護委員(法務省)、
情報モラル教育推進事業検討委員(文部科学省)等歴任。

趣味は演劇。劇団を主宰。
今度珠美先生のホームページ https://tamamiimado.net
稲垣俊介
(いながき しゅんすけ)
東京都立高等学校情報科主任教諭。また、筑波大学と國學院大學にて情報科教育に関わる講座を担当している。
学校現場で10年以上にわたって、「情報モラル教育」を実践するとともに、教員や保護者向けの講演をしている。
学術誌への論文掲載、学会発表、一般誌や新聞等への掲載や寄稿も多数行っており、また、高等学校の教科書『新・情報の科学』(日本文教出版)の執筆協力委員である。

東京都教育委員会認定講師、
東京都『性教育の手引き』作成委員、
法教育推進協議会教材作成部会(法務省)等の活動も行っている。

また、東北大学大学院情報科学研究科人間社会情報科学専攻メディア情報学講座メディア文化論研究室の博士後期課程にて情報教育の研究を続けている。
監修者紹介
原 克彦
(はら かつひこ)
目白大学教授
兵庫県公立学校事務職員、同左小学校教諭、尼崎市教育委員会指導主事、
鳴門教育大学学校教育研究センター客員研究員、園田学園女子大学助教授等を経て、
現在目白大学メディア学部メディア学科教授同教育研究所所長、
日本教育工学協会評議員、
情報ネットワーク教育活用研究協議会理事ほか。

主な著書:
『個人情報漏洩・拡散編(気をつけよう!情報モラル第2期)』(汐文社)、
『はじめよう!総合的な学習(イラスト指導案集)』(高稜社)、
『先生のためのインターネット活用ガイドブック』(文部省)、
『実践インターネット講座:テキスト』(NHK出版)ほか多数。
前田康裕
(まえだ やすひろ)
熊本大学教職大学院准教授
公立小中学校教諭、熊本大学教育学部附属小学校教諭、
熊本市教育センター指導主事、熊本市立向山小学校教頭を経て、
2017年4月から現職。  

自分自身で描いたまんがによる教育書を世に出しながら、ICTを効果的に活用した新しい教育と社会の在り方についての実践研究 を行っている。

主な著書は
『まんがで知る教師の学び1〜3 』(さくら社)、
『まんがで知る未来への学び1〜2 』(さくら社)ほか多数。
back
© NIPPONHYOJUN