これから教師を目指す人たちにぜひ読んでもらいたい
20人の現役教師の生き様がつまっています
教師という仕事・生き方【第2版】
若手からベテランまで 教師としての悩みと喜び、そして成長
  教師という仕事・生き方【第2版】
若手からベテランまで 教師としての悩みと喜び、そして成長
山ア準二 編著(東洋大学文学部教授)
定価 : 本体 1,600 円 + 税
四六判、240ページ
ISBN978-4-8208-0402-4


toku.gif
●20人の教師たちの軌跡(ライフコース)から学ぶこと……
 さまざまな問題行動を伴って顕在化する子どもたちの変化、保護者や社会全体から学校や教師に向けられる批判……など、今、教師を取り巻く状況は厳しい。そういう困難の中、教師として歩んできた軌跡(ライフコース)を、教職歴2年の若手から教職歴30年以上のベテランまで、男女20人の現職教師が語る。そこには、様々な困難に立ち向かい、悩み、苦しみながらも、喜びと生きがいを感じ教職生活を送る「ありのままの姿」が描かれている。これから教師を目指す人の「将来、自分はどのような教師として成長していったらよいのか?」という問いに自分自身で答えを見つけていく作業の一助となる一冊。
home back
アンダーライン
(C)2009-2014 Nippon-Hyojun