日本標準ブックレット No13 カリキュラムマネジメント ―学力向上へのアクションプラン―
目次

はじめに

第1章 今、学校は

I

教師の多忙化と授業への影響

II 教育目標が意識されない授業
III 教育内容増加と授業観転換の要請
IV 求められる同僚性
V 子どもの力を伸ばす学校
VI 政策の動向とカリキュラムマネジメントの必要性
   
第2章 カリキュラムマネジメントとは
I カリキュラムマネジメントとは
II 子どもの姿から課題を見出す
III カリキュラムは変えられる
IV カリキュラムを中心に学校全体の構造をみる

 
第3章 カリキュラムマネジメントの方法
I 課題、目標、手立て、実践の共有化
II カリキュラム文書で「見える化」する
III 目標・内容・方法上のつながり
IV 評価を核にしたマネジメントサイクル
V 時間をマネジメントする
VI 参画を促すリーダーシップ
VII マネジメントにおける校長の役割
VIII みんなで創る、やりながら考える
   

おわりに 〜今のひと踏ん張りが正のスパイラルをつくる〜



back
アンダーライン
(C)2014 Nippon-Hyojun