oita.jpg

北海道のむかし話

編著:北海道むかし話研究会、北海道学校図書館協会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0133-7


 全国の他の土地にはない北海道ならではの特色あるむかし話を北海道の先生たちが丁寧に掘り起こし,味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,語りのおもしろさをいきいきと伝えます。 
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話49話を収録

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『北海道のむかし話』は,昭和53(1978)年に初版を発行して以来多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回27年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。



▲クリックすると大きくなります▲
[むかしむかしの動物の話]

大鵬とエビとアカエイ
ムイとアワビの大げんか
つり鐘をかぶった大ダコ
エンカマの大ダコ
ばけものとチョウザメのかくとう
スズメとキツツキ
ヒバリと天の神様
[むかしむかしのふしぎな話]

雪地蔵
早玉さま
赤沼の竜神さま
坊さんとタヌキ
白鳥のかざり玉
オタストゥン ニシパの物語
[キツネとクマの話]

榎本武揚をだました白ギツネ
キツネの丸太
キツネのよめいり
おもちのほしかったキツネ
大人はキツネにだまされる
キツネにつままれた話
サケをかつぐクマ
クマの胆
さらしものになったクマ
イモざしになったクマ
おどる大グマ
クマとにらめっこ
アイヌの話

ひとり歩きの子グマ
クマとちえくらべ
パナンペ・ペナンペ話
川上の長者の息子と、川口の長者の娘の話
ふしぎな力で村を救った娘の話
カエルのうた
−トーロロ ハンロク ハンロク−
カワウソの物語
−ハリピッ ハリピッ−
悪魔をかくした雌阿寒岳
大アメマスを退治したアイヌラックルの話
気のいいカッパ
米と魚
[開たくのころの話]

ハッカ成金
石がもえた
カボチャ黄疸
電燈のつきはじめたころ
病気たいじ
ネズミとヘビと大ブキ
灰の中の砂金

[むかしむかしのたのしい話]

繁次郎のとんち
孝行もち
マメ一つぶ
山うばのおよめいり
よめの手紙は手形が一つ
力持ち又右衛門
home back
アンダーライン
(C)2005-2014 Nippon-Hyojun