oita.jpg

青森のむかし話

編著:青森県小学校国語研究会、青森県児童文学研究会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0134-4

青森県学校図書館協議会
青森県PTA連合会



 青森県内の各地に伝わるむかし話を青森県の先生たちが丁寧に掘り起こし,その土地土地の味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさをいきいきと伝えます。 
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話43話を収録

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『青森のむかし話』は,昭和50(1975)年に初版を発行して,その後平成4(1992)年には改訂版を出すなど多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回13年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。


方言の豊かな響きとリズムが楽しめます。

▲クリックすると大きくなります▲
[動物の話]

大わしのじまん
いたずらぎつね
スクラケンノケン
かえる女房
むじなのまねけし
さんこぎつね
下北むがしっこ
かにのうらない
きつねのうでくらべ
つんこの話
だまくらかされた狐
茜岱のきつね
[しあわせになった話とばちのあたった話]

きんちゃくひろったにわとり
あかんぼうになったじさま
人形っこじさま
からぽねやみで欲たがれなじさま
スネコ タンポコ
ホロゴ ログベエ
かにの恩返し
からやぎ仁太郎
百になっても二百になっても
[こわい話]

化け物寺
たんこと鬼ばば
コボレダジャー化け物
めし かね かがぁ
おらば,おっかなぐねえが
ふしぎなお寺
タラつけサブ
ソーロリ,ソロリの話
うば皮着たあねっこ
御家中むがしっこ

じょっぱり殿様
[かわいそうな話]

赤いクシ
天人女房
親捨て山
むすめのなみだ

[こっけいな話]

ばかむこのはなし
春の空気
じぇんこがモッケになった話
ほらくらべ
あなほり長兵衛
屁ふりじっこ
ばくちうち九兵衛
ぼさまとくじら
home back
アンダーライン
(C)2005-2014 Nippon-Hyojun