oita.jpg

宮城のむかし話

編著:「宮城のむかし話」刊行委員会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0138-2

宮城県小学校長会
宮城県連合小学校教育研究会
宮城県連合小学校教育研究会 国語研究部会
宮城県連合小学校教育研究会 学校図書館研究部会
宮城県PTA連合会
仙台市PTA協議会



 宮城県内の各地に伝わるむかし話を宮城県の先生たちが丁寧に採話・発掘して,その土地土地の味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさをいきいきと伝えます。 
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話54話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『宮城のむかし話』は,昭和53(1978)年に初版を発行して,平成3(1991)年には改訂版を出すなど多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回14年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。



方言の豊かな響きとリズムが楽しめます。

▲クリックすると大きくなります▲
[ワラビ長者]
−しあわせになった話−

ワラビ長者
花さかじい
ひょうらんこ ひょうらんこ
炭焼き長者
運のよい男
[スズメのあだうち]
−動物の話−
スズメのあだうち
サルの生き肝
長者のむこ
カワウソとキツネ
カッパのみょうやく
ふるやのむり
ガマガエルとサル
鳴いて血をはくホトトギス
ずいとん坊
ミスクグリは鳥の王様
五ひきの名とりギツネ
タニシとキツネ
キツネと八吉博労
[なぞの子もり歌]
−ふしぎな話−

なぞの子もり歌
人をとかす草
カキの精
お月 お星
地獄めぐり
大だこ八吉
こぞうと鬼ばば
ブユのいっとき
ごんだら村
ぬけだした絵馬
産神問答
もとの平六
ふしぎな大名行列
ソバのくきはなぜ赤い
[ほうらじ山の山ナシ]
−めでたしめでたしの話−

ほうらじ山の山ナシ
運はさずかりもの
ヘビのむこ入り
サルのよめご
木の精
竜宮のおくりもの
コロリン ポタン ドンブリコ
ヘビのよめいり
[屁っぴりよめご]
−おかしな話−
屁っぴりよめご
屁ひりくらべ
ほらふきわらす
ばかむこのはなし
酒っこ飲んだクマ
おしょうとこぞう
だんご だんご
お歳徳神さま
おきてさらえ
ツブの旅
頭に生えた木
キツネにだまされた話
へいりんか ひらりんか
ねぼうの歌

home back
アンダーライン
(C)2005-2014 Nippon-Hyojun