oita.jpg

山形のむかし話

編著:山形とんと昔の会、山形県国語教育研究会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0137-5

山形県連合小学校長会
山形県小学校教育研究会図書館部会
山形県教職員組合
山形県PTA連合会



 山形県内の各地に伝わるむかし話を山形県の先生たちが丁寧に採話・発掘して,その土地土地の味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさをいきいきと伝えます。 
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話48話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『山形のむかし話』は,昭和53(1978)年に初版を発行して,昭和58(1983)年には改訂版を出すなど多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回22年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。



方言の豊かな響きとリズムが楽しめます。

▲クリックすると大きくなります▲
[動物の話・山んばの話]

カワウソとキツネ
ハチとアリこ
舌切りスズメこ
カラスを負かしたツブのちえ
ビッキとサル
牛方と山んば
三枚のおふだと鬼ばんば
食わず女房
寝太郎とネズミ
かがさんの三つえぼ
唐の大王鳥
ネズミのすもう
ホオズキのちょうちん
八本めのタコの足
ネコと船頭とカボチャ
[しあわせになった話]
サルむこ
げっぺあだ
絵すがた姉さま
炭焼き長者
五分次郎
ゆめをしんじた大工の長者
ナラナシとり
サルの干しダコ
わらしことネムの花
米花と糠花のきょうだい
大山の犬祭り
スギのなえ
なぞときむこどの
[じじばばの話]

ちんちょろりんのじさま
サル地蔵
みのぼし地蔵
赤いこん箱
せんとくの金
お金をくれた雪女
[かなしい話]

ツル女房
ウリ姫子
カニのこうら
ウグイスの宿
子育てゆうれい
[わらい話]

山形のビッキと置賜のビッキ
ちゃっくりがき
ひたいにトチの木
俳句会
和尚と小僧
げんないとカッパ
ねていて食われる
かみつくのも商売
みじかいむがしこ

home back
アンダーライン
(C)2005-2014 Nippon-Hyojun