oita.jpg

福島のむかし話

編著:福島県国語教育研究会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0139-9



 福島県の各地に伝わるむかし話を,福島県の先生たちが丁寧に採話・発掘して,その土地土地の味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさで,ふるさとの魅力と心をいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話57話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『福島のむかし話』は,昭和52(1977)年に初版を発行し15版も版を重ね,その後昭和61(1986)年,平成6(1994)年と二度も改訂版を出すなど多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回,10年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をできる限りそのまま生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。



方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
[県北のむかし話]

親孝行なすえむすめ
ホトトギス兄弟
法印とキツネ
ドブときょうで
ほらふき名人と子ども など
[県中のむかし話]

子育てゆうれい
ちょろき
惣兵衛どんの赤ネコ
彦八どんとタヌキ
もちつきぎねとカメの子
大三の鬼たいじ など

[県南のむかし話]
花さかじい
おまんギツネと小豆とぎ
与八郎とハト
ぶぐ
のんきなむこさま
キツネの恩返し
カッパの宝物 など
[会津のむかし話]

瓜ひめ
天福と地福
貧乏神
ツルの恩返し
カオスどんとサルどん
古屋のもり など
[浜通りのむかし話]

人魚の恩返し
ヘビむこ入り
わらしび長者
サル地藏
三枚のお札
ベコになったばっぱ など

home back
アンダーライン
(C)2004-2014 Nippon-Hyojun