oita.jpg


栃木のむかし話

編著:下野民俗研究会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0141-2

栃木県小学校長会
栃木県小学校教育研究会国語部会
栃木県PTA連合会
栃木県学校図書館協議会



 栃木県内の各地に伝わるむかし話を,栃木県の学校の先生方や下野民俗研究会の会員の人たちが丁寧に採話・発掘して,味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさをいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話64話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『栃木のむかし話』は,昭和52(1977)年に初版を発行し,翌年にかけて8版も版を重ねました。今回26年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。



方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
[県北のむかし話]

おサルとおさよ
やく取りカッパ
弘法様の水
山ぶしとたんじゃく棒
へっぴり姉さん
ハチの巣長者
あさ布地蔵
九平のオカバミたいじ
オンボロサンボロ
へっぴりじいさま など
[県央のむかし話]

桃太郎
ダイダラホウシ
じろさくてんぐ
お先にどうも
うそつき棒
とんちこぼうず
おむすびころりん
ツルの恩返し
ミョウガにょうぼう
ネコばかよめさん など
[県南のむかし話]
犬をかわいがったおじやんおばやん
かさボコホイ,みのボコホイ
ばかむこどん
ナマズの恩がえし
さかさにつったかや
いかった神様
オオカミの恩がえし など

home back
アンダーライン
(C)2004-2014 Nippon-Hyojun