oita.jpg

群馬のむかし話

編著:群馬昔ばなし研究会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0142-2

群馬県小学校長会
群馬県小学校中学校教育研究会小学校国語部会



 群馬県内の各地に伝わるむかし話を,群馬県の学校の先生方が丁寧に採話・発掘して,味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさをいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話50話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『群馬のむかし話』は,昭和52(1977)年に初版を発行し,昭和63(1988)年に改訂版を出すなど、多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回17年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。



方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
[しあわせになった話]

源五郎ネズミ
絵姿女房
でえろんむすこ
おとめのよめ入り
ネズミ浄土
カキ売りとトウガラシ売り
かれっ木の花さかせじいさん
おじいさんの宝さがし
ぬかぼこと こめぼこ
キノコの化けもの
夢み
[動物の話]

キツネと山伏
むりどん
かいげんとキツネ
ツル女房
オオカミのおんがえし
野地穴の浦島ギツネ
サルのきも
一夜の田植え
ネコの恩がえし
カッパの話
キツネのよめいり
汽車をとめたムジナ
[いわれ話など]

ヘビの目
鬼と長イモ
山んばのばけたおよめさん
うりひめとあまんじゃく
サルのしっぽ
きぬがさ姫
村はずれの大入道
西方寺の大力おしょう
ちから五郎べえ
引間の力庄衛門
うなぎ橋
おわん貸し沼
チャンコロリン石
夜泣き桜
[お地蔵さまの話]

耳だけ極楽に行った話
ぼたもち地蔵
田植え地蔵
信玄堂のお地蔵さま
かさ地蔵
[こっけいな話]

赤城のぺっぷり鬼
ブスとカア
オチャピンチャンプー
雷さまの手伝い
へっぴりよめご
ばかむこどん
いんごうそうべえ
天にとどく竹

home back
アンダーライン
(C)2005-2014 Nippon-Hyojun