oita.jpg

東京のむかし話

編著:東京むかし話の会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0145-0

この本だいすきの会
日本文学教育連盟



 日々激しく変化する大都市東京でも,かつては各地域に語り部がいて,むかし話が語られていました。今ではもうほとんど聞くことのできない都内各地に伝わるむかし話を,小学校の先生方や文学者,民話研究家の方たちが丁寧に掘り起こしました。長い時間を生き延びてきたむかし話は,ふるさと東京の魅力と人の心をいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話47話と,東京のわらべ歌6編を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『東京のむかし話』は,昭和50(1975)年に初版を発行し,その後8度も刷りを重ねました。各方面からのご要望に応え,初版から30年後の今年,美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとの話の形をできる限りそのまま生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。



方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
[動物の話]

馬の毛をぬくカッパ
おいてけ堀
すいとん寺
キツネの恩返し
すってて ぎて ぎょぎょ など

[ふしぎな話]

お力石さま
竜神渕
唯苗島
クモの糸
雷じゅう など
[いわれ話]
とげぬき地蔵
カヤ寺とてんぐ
出井の泉
七つの子 など
[大きな話]

大蛇の話
ダイダラボッチ など
[こわい話]

ひいみさま
ネコ
てんぐのこしかけ
クモの井戸
[江戸のまちの話]
目黒のサンマ
おばけ太鼓
ぜいたくな料理
ネコ
かきや
紅皿かけ皿
伊豆長 など
[とんちとちえの話]

人すて穴
こわ飯
しばられじぞう
[わらい話]

へっぷりおとき
河辺の嘉七
権兵衛が種まきゃ
おやじのおしえ
江戸のネズミと九州のネズミ など
home back
アンダーライン
© Nippon-Hyojun