oita.jpg

富山のむかし話

編著:富山県児童文学研究会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0148-1

富山県小学校長会
富山県学校図書館協議会
富山県PTA連合会



 富山県内の各地に伝わるむかし話を,県内の小・中学校や富山県児童文学研究会の先生方が丁寧に採話・発掘して,味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさをいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話66話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『富山のむかし話』は,昭和53(1978)年に初版を発行し、県内の皆様に親しまれてきました。今回27年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。


方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
[めでたしめでたしの話]

桃太郎
舌切りスズメ
かさ地蔵
ごもくと小桜
こじき長者の恩がえし
おば捨て山
千石の豆山
ヘビとカエル
[ふしぎな話]

ヘビのよめはん
針千本
ふくべ千個に針千本
天にのぼったすもうとり
あとかくしの雪
穴のあいた袋
地獄から帰ってきたじいさん
カニと竹やぶ
うわばみ
[こわい話・かわいそうな話]

七夕
トンビになった子ども
百瀬の岩魚
お宮の化けもの退治
舟橋の七化けムジナ
化けもん
子育てゆうれい
首なしじぞう
[動物の話]

ドンビキとサルのもちかち
サルとカキ
ミソサンと大ワシ
尾のないキツネ
ゴットンのせんたく
下立のドベザル
負われムジナ
クラゲの話
じいさまとネズミ
[天狗とカッパの話]

天狗にこらしめられた与左衛門
かわいい声の天狗はん
天狗をだました話
天狗にさらわれたようぞう
岩魚をくれたカッパ
カッパの妙薬
ミソシリボンのお礼
[こっけいな話]

もるどの話
カエルになったかいもち
鬼をおがんだおばあさん
ざっととぜんべいの京参り
ことしゃみせん
へえこき名人
おならの話
ヘクサンボ
[とんち話]

木鐘で鳴らん
えんま様になった八左
どけちなあんま
灰のなわ
猿倉城あとにのこるとんち話
はしかい小僧ま
ななさらやさら
トラとらえるいうた小僧ま
[おろか者の話]

だごの話
たくあんとふろ
耳かけそば
かつおぶしと謡
ぼうしと土蔵
あいさつちがい
ごぼさまちがい
ぐわちゃのままたき
チャクリカキ
home back
アンダーライン
(C)2005-2014 Nippon-Hyojun