oita.jpg

岐阜のむかし話

編著:岐阜児童文学研究会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0155-9

岐阜県小中学校教育研究会図書館部会
岐阜県小中学校教育研究会国語部会
岐阜県PTA連合会



 岐阜県内の各地に伝わるむかし話を県下の行政機関,学校,地域の各団体の人々などに広く呼びかけて掘り起こし,岐阜県の著名な児童文学者の先生方が味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさをいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話59話と,わらべ歌5編収録。

 昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『岐阜のむかし話』は,昭和53(1978)年に初版を発行し,その後版を重ねて多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回24年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。



方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
[動物の話]

スズメとカラス
ノミとシラミの伊勢まいり
カッパのわび状
おこじょろギツネ
キツネのし返し
天にのぼりそこなった大蛇 など
[こわい話とふしぎな話]

九郎淵
いろりにすてられた木の実は化ける
念仏ばあさん
椀貸せ岩
万物石と大男
竜宮
ただぼっさん など
[しあわせになった話とそんをした話]

天福地福
花さかじい
舌切りスズメ
木のぼりのニワトリ
へっぷりよめさん など
[とんち話]

サルむこ
カワウソが読んだ手紙
おしょうとこぞう など
[こっけいな話]

チンチンカラ
へっぴりじいさま
ぐつとおて
ひょっとこ坊
うそくらべ
長い話とみじかい話
カミナリ井戸 など

home back
アンダーライン
(C)2004-2014 Nippon-Hyojun