oita.jpg

京都のむかし話

編著:京都のむかし話研究会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0158-0



 京都府内の各地に伝わるむかし話を,京都府の小学校の先生方や郷土の研究者の方々のご協力を得て掘り起こし,味わい豊かな言葉でつづりました。ふるさとの魅力と人の心をいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話39話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『京都のむかし話』は,昭和50(1975)年に初版を発行し,多くの子どもたちに読み継がれてきました。今回30年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。


方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
[みんなのしってるむかし話]

一寸法師
浦島太郎
比治山の天女
蟹満寺の話
大江山の鬼たいじ
[動物の話]

猿に嫁入り
さるのう飼い
おろちのやけど
白ねずみと小判
うかれねこの恩がえし
犬のおつかい
[こわい話]

にわとりづか
みとじ
狐のちょうちん
なまけ者と嫁さん
うろこ塚
[こっけいな話]

そそっかしやの与市郎さん
大仏の食いにげ
屁こき嫁さん
庄ヱ門さんの話
みょうが
チャックリカキフ
三人旅
京のかえる 大阪のかえる
うそのたね本
奥山のたぬき
一休さんのとんち
ことしゃみせん
こっけい話
[村や町の人びとの話]

蛾合戦
鯉山
山から帰ってきた船
お茶つぼ道中
[ふしぎな話]

米だし地蔵
文覚寺の三台坊
あの鬼こわい
ぶんぶくの旅
蛸薬師
吉ばあさんとかげぜん
home back
アンダーライン
(C) Nippon-Hyojun