oita.jpg


大阪のむかし話

編著:大阪府小学校国語科教育研究会
    「大阪のむかし話」編集委員会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0159-7

大阪府小学校長会
大阪府中学校長会
大阪府公立小学校教育研究会
大阪府公立中学校教育研究会
大阪府学校図書館協議会
大阪府PTA協議会



 大阪府内の各地に伝わるむかし話を,大阪府の小学校の先生方や郷土の研究者の方々のご協力を得て掘り起こし,味わい豊かな言葉でつづりました。ふるさとの魅力と人の心をいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話59話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『大阪のむかし話』は,昭和53(1978)年に初版を発行し,その後13版も版を重ねました。今回27年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。


方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
[大阪市のむかし話]

大阪のカエル 京のカエル
一寸法師
キツネにだまされた金持ち
大阪城の大トラ
鬼の面
カモの恩返し
[豊能地方のむかし話]

キツネの先ぶれ
ガタローに勝った子ども
すもうとり「三草山」
シロと市兵衛
[三島地方のむかし話]

鉄砲の名人とてんぐ
トッテコーカー
こぞうのみそ買い
丹波の山の大男
長柄の人柱
安威のとのさん
[北河内地方のむかし話]

キツネのてんぷら買い
ネコの恩がえし
ヘビむこ入り
キツネの目じるし
サルのむこ様
鈴見の松
鉢かづき姫
百姓のしかえし
力士たなばた
彦吉とてんぐと
二羽のガン
カッコウ不孝
これでもか
[中・南河内地方のむかし話]

キツネとタヌキ
余九郎ギツネ
はにわになった馬
ふしぎな井戸
石仏の橋
ならずのナツメ
生きかえった娘
もろこし長者
道明寺ほしい
大蛇の手紙
[泉北・泉南地方のむかし話]

十二支の由来
もちあらそい
モズとウズラとハトとシゲ
かみなりよけの桑原
クマのしっぽはなぜ短い
話を買う
キツネの小吉
みのが池のオロチ
やすな菊
若樫の弘法井戸
サルの恩がえし
泣いた仏さま
すつぼ池
久米田池の主
神於山のヘビむこ
犬鳴山のはなし
シカの角とウサギの目
好きじょ、きらいじょ
カニの恩がえし
タニシの負けぎらい
home back
アンダーライン
(C)2005-2014 Nippon-Hyojun