oita.jpg

広島のむかし話

編著:広島県学校図書館協議会(小学校担当)
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0166-5

広島県学校図書館協議会
広島県小学校教育研究会図書館教育部会
広島県連合小学校長会
広島県PTA連合会
広島市PTA協議会



 広島県内の各地に伝わるむかし話を,広島県の小学校の先生たちが丁寧に採話・発掘して,味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,語りのおもしろさで,ふるさとの魅力と心をいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話45話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『広島のむかし話』は,昭和49(1974)年に初版を発行して、多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回,31年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたりましては,もとのお話の形をできる限りそのまま生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また,文字も大きく読みやすくいたしました。



▲クリックすると大きくなります▲
えんこう
狗賓さん
大男茂平さん
大判になった子ねこ
おさんギツネ
じゃぐいのおうけつ
こおり山ギツネ
七人塚
牛の子淵
耶源の岩のり
ヒル神さん
無我の伍助
平太郎の化けもの退治
名広の化けネコ
高幡のヒヒ
わくのいずみ
白いカラス
西原ガラス
久代長者
せいろくさまのやしろ
助友
「かつえ坂」の由来
大山の刀鍛冶
ささらが池
佐田虫
なかずの池
万吉火
オトメツバキ
おきくがんぎ
ふしぎなつぼ
宮島物語
宮島さんと神峯山
女岩
八人ぞわのお話
エンコのおはなし
古ダヌキのたたり
ナマコと若者のかけくらべ
小さくてもよく実のなるクリの木
荒神風呂の祝い神
仏通寺のたきの大じゃ
満石原の白蛇
かんざし燈ろう
竜王の雨ごい
弓の名人 石川大長
地蔵鼻の伝説
home back
アンダーライン
(C)2005-2014 Nippon-Hyojun