oita.jpg


山口のむかし話

編著:山口県小学校教育研究会国語部
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0167-2

山口県小学校教育研究会
山口県小学校長会
山口県小学校教育研究会学校図書館部
山口県学校図書館協議会
山口県PTA連合会
山口県教育会



 山口県の各地に伝わるむかし話を,県内の小学校の先生たちが丁寧に採話・発掘して,その土地土地の味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさで,ふるさとの魅力と心をいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話40話を収録。

30年前にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『山口のむかし話』は,昭和48(1973)年に初版を発行して20版も版を重ね,その後昭和62(1987)年には改訂版を出すなど多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回17年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたって,もとのお話の形をできる限りそのまま生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。



方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
[県内各地からの収録作品]

さるかめ合戦  (長門の話)
茶びんころがし  (下松の話)
おさんぎつね  (岩国の話)
厚狭の寝太郎  (厚狭の話)
白牛物語  (萩の話)
たたかん太鼓に鳴る太鼓  (山口の話)
ししまいの話  (佐波の話)
長者が森  (美祢の話)
うすうすまわれ  (防府の話)
石城山の山うば  (光の話)
ぶす  (新南陽の話)
きつねのお産  (小野田の話)
赤いも  (柳井の話)
砂子多のかっぱ  (下関の話)など
[ほかにも]

ふしぎなつえ
山代ばなし
鶴島の悲話
寂仙坊
もうるさあ
ほうびききつね
海でひろった観音さま
かま十左
お玉淵
耳なし芳一 など
home back
アンダーライン
(C)2004-2014 Nippon-Hyojun