oita.jpg

愛媛のむかし話

編著: 愛媛県教育研究協議会国語委員会
愛媛県教育会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0170-2

愛媛県小中学校長会
愛媛県教育研究協議会
愛媛県教育研究協議会学校図書館委員会



 愛媛県の各地に伝わるむかし話を,愛媛県の先生たちが丁寧に採話・発掘して,その土地土地の味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさで,ふるさとの魅力と心をいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話56話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『愛媛のむかし話』は,昭和50(1975)年に初版を発行し12版も版を重ね,その後平成3(1991)年に新装版を出すなど多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回,13年ぶりにカバーつきの新しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をできる限りそのまま生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。


方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
[しあわせになった話]

ひっつこか すいつこか
穴地蔵さん
おぎんさん こぎんさん
笠地蔵
ネズミ浄土
天狗のやくそく など
[わざくらべ・ちえくらべ]

小団兵衛物語
旅役者と大蛇
力くらべ など
[動物の話]

しばい見物
喜左衛門ダヌキ
クモ渕
トッテコカノー
クジラのお礼まいり
雲とカラス
北が森のドンコ など
[こわい話・ふしぎな話]

六文のあめ
食わずの嫁
こんぼうず
三女さん
おとら岩
りゅう宮ぶちと大工
くさがくしのうど など
[こっけいな話・トッポ話]

馬のしりにせん
ぷいとこしょ
大うその皮
観音様のせっかん
ぶつの話
曲げた鉄ぽうでカモ三ば など

home back
アンダーライン
(C)2004-2014 Nippon-Hyojun