oita.jpg



福岡のむかし話

編著:福岡県民話研究会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0172-6

福岡県小学校長会
福岡県小学校国語教育研究会
福岡県学校図書館協議会
福岡県PTA連合会



 福岡県内の各地に伝わるむかし話を福岡県の先生方に採話していただき,その土地土地の味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさをいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話40話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『福岡のむかし話』は、昭和48(1973)年に初版を発行し,22版を重ね,その後昭和58(1983)年には改訂版を出すなど多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回、初版から32年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。


方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
とんち又ぜえ
大根川
酒のみカッパ
海を走るウサギ
追山笠と田の草とり
権太夫とシカ
オコゼの神さま
深江の忠どん
千鳥ヶ池
秀都橋
宝満山のカッコウ
むらさき川
香月の姫と菅生の滝
もみじ屋敷
庄助ばなし
カッパの証文
うたうシャレコウベ
延永長者と胸の観音
文吾郎のケチ話
吉吾ばなし
平尾台の鬼
夜泣き石
耳かけソーメン 投げまんじゅう
のそん弁当
ネズミのてんぷら
おさんギツネ
タヌキのお墓
手前ミソで しりアッポ
カンシャンのとうふ汁
近道好きの清六どん
むたやまざえもん
左結びの緒のぞうり
みづくり清兵衛
矢部のヤン七さん
カッパの手
清水寺の仁王さま
ツガニの恩がえし
はなたれ小僧さま
恩の石はこび
ぼんさんのお礼
home back
アンダーライン
(C) Nippon-Hyojun