oita.jpg

長崎のむかし話

編著:長崎県小学校教育研究会国語部
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0174-0

長崎県小学校校長会
長崎県小学校教育研究会
長崎県PTA連合会



 長崎県内の各地に伝わるむかし話を長崎県の先生方が丁寧に採話・発掘して,その土地土地の味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさをいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話50話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『長崎のむかし話』は、昭和53(1978)年に初版を発行し,多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回、初版から27年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。


方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
[しあわせになった話]

三年寝太郎
わらしび長者
炭焼き五郎兵衛
夢見小僧
生まれ子の運
こそでの着物と赤こそで
ひまんじょくれ
ワラ三本が千三百円に
親孝行むすこ
孝行むすことオオカミ
キツネの恩がえし
動物の恩がえし
[かわいそうな話・ふしぎな話]

兄弟星
トシ来い ヨシ来い
横手五郎
しんぴょうさんのおばけたいじ
鼻の崎の名づけ話
五分五郎
クモのびわ
とろかし草

[動物の話]

トンビとイセエビとエイ
ぎゃっぎゃくびきの話
さあっじょのよめご
さあっじょとがねじょのもちつき
キツネとタニシのかけくらべ
トントン どろ船

[かんさくさんの話・さくどんの話]

ウナギとり
がんのみそしる
庭石さいばん
鳥居をふみおったスズメ
とのさまの頭うち
やられた武士
きんきらきんのぴんぴらぴん
船おろし
愛津行き
もち食い力と空田地
[いわれ話]

産女のゆうれい
眼鏡岩
一里島
泣く浜
ガワッパ
カッパ石
みそ五郎岩
[ゆかいな話]

やまぶしさんのおきょう
古えんもり
ぐ つ
ちょぼりんじいさん
七べえの伊勢参り
大野んぼらどん
おにに飲まれたでえどんたち
home back
アンダーライン
(C)2005-2014 Nippon-Hyojun