oita.jpg


熊本のむかし話

編著:熊本県小学校教育研究会国語部会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、256ページ
ISBN978-4-8208-0176-4

熊本県小学校長会
熊本県学校図書館協議会
熊本県PTA連合会



 熊本県内の各地に伝わるむかし話を熊本県の先生たちが丁寧に再話・発掘して,その土地土地の味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさをいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話38話を収録。

昭和50年代にブームを呼んだ日本標準の「むかし話」シリーズが新装版で復刊
 『熊本のむかし話』は、昭和48(1973)年に初版を発行し,20版を重ね,その後昭和62(1987)年には改訂版を出すなど多くの子どもたちに読み継がれてきた本です。今回17年ぶりに美しい装丁の本となって世に出ることになりました。復刊にあたっては,もとのお話の形をなるべくそのままに生かしながら,現代の社会事象に合わせて内容を検討し,また文字も大きく読みやすくいたしました。



方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
からいも問答
やじゃあどん
金馬
月田の源九郎さん
寄姫の滝
水車小屋のがわたろう
ねこ岳のはなし
米原長者どんの話
亀割石
鬼の足かた
ちえくらべ
とっくりのなぞ
がわっぱとお竹さん
石仏の怪
よけ石のはなぐろ
ひぐりのたぬき
椎の実
米噛石
かっぱとすもうとった幸助どん
医者どんと山法師と軽業師
北岳の怪物退治
竹の子童子
鬼が笑った話
てんぐのかくれみの
常助はなせ
山んばとショウブ
赤岩んぶちの八つ目
乳の出るぎんなんの木
きつねの道送り
小そでもち
九十九の谷
狂歌師太郎次どん
ワシの卵
ひっじゃころがし
タコの足
ひつじの皮のふくろ
ぼんさらや
茂吉どんと山んば
home back
アンダーライン
(C)2004-2014 Nippon-Hyojun