oita.jpg

沖縄のむかし話

編著: 沖縄むかし話の会
定価 : 1,572 円(税込)
B5変型判、上製、240ページ
ISBN978-4-8208-0179-55

沖縄県学校図書館協議会



 沖縄県内の各地に伝わるむかし話を沖縄県の児童文学の先生や研究者の方々が,その土地土地の味わい豊かな言葉でつづりました。音読や読み聞かせが見直されている今,方言による語りのおもしろさをいきいきと伝えます。
 小・中学生から大人まで楽しめるむかし話52話を収録。

 『沖縄のむかし話』は、耳から入ってもわかりやすく、伝わりやすいような言葉でつづりました。方言の語り口を生かし、沖縄のにおいを大事にとつとめました。この本が広く読まれ、語り継がれていくことを願っています。



方言の豊かな響きとリズムが楽しめます

▲クリックすると大きくなります▲
喜如嘉のアタビーと奥間のアタビー
ブナガヤの話
シイの実をとりにいった娘
カラスと弁当
ハブの恩返し
若返ったおじいさんとおばあさん
クモのマジムン
おもちゴロゴロ
ユファールーとガラサー
なまけ者の耕作
高利貸しと一斤のもも肉
嫁と姑−ふしぎな薬−
牛になった父親
浜端屋のウスメーとキジムナー
三つの願いごとへの旅
ウェンチュと竹の種
兄弟の仲直り
ウナイとイキー
北谷マシジャーと後生の使い
赤縄繋足
人力車に乗った幽霊
くしゃみとクスクェー
牛の嫁入り
月へのぼったアカナー
宝の箱
黄金の瓜種
天から降る餅
アマガクの親不孝
姥捨て山
マムンガーミ
伊江島後浜の遺念火
南蛮にいった女
げるましい物語
子どもは宝
馬乗りの達人
赤ん坊になったばあさん
子仏様
底のない桶
判じ者の手紙
やーっさどぅ んまさ
主人と奉公人
パガマをかぶった娘
かくれみのとカマー
シカボーサンラー
星砂の由来
カエルとカニの競争
ナン(津波)を告げた人魚
ナナンガーラ(七曲川)のくぼみ岩
フカに助けられた男
老いガラスと牛の角
ティラ(悪鬼)岩伝説
マイフナマユ−かしこいネコ−
home back
アンダーライン
(C)2005-2014 Nippon-Hyojun