中教審「答申」を読み解く
目次

まえがき
第1章 新学習指導要領の読み深め方
  学習指導要領改訂のキーワード
    (1)一体改革であることの意味
(2)一貫改革であることの意味
  資質・能力ベースのカリキュラムという発想の読み方
    (1)学習指導要領における汎用的スキルの位置づけ
(2)「コンピテンシー」概念が投げかけているもの
(3)資質・能力ベースのカリキュラム改革がめざすべき方向
  アクティブ・ラーニングの読み方
    (1)問題提起的な概念としての「アクティブ・ラーニング」
(2)アクティブ・ラーニングの形式化への危惧
  資質・能力の三つの柱とアクティブ・ラーニングの三つの視点をどうとらえるか
    (1)資質・能力の三つの柱とアクティブ・ラーニングの三つの視点
(2)教科の学力の質の三層構造と学習活動の三軸構造
(3)資質・能力の三つの柱とアクティブ・ラーニングの三つの視点の読み方
(4)「見方・考え方」をどう読むか
  アクティブ・ラーニングを通じて育まれる資質・能力の評価のあり方
    (1)評価の三つの観点
(2)観点別評価をどうとらえるか
(3)学力の質的レベルに応じた評価方法のデザイン
(4)情意領域の評価のあり方
  カリキュラム・マネジメントによる組織的な授業改善の必要性
    (1)カリキュラム・マネジメントとは何か
(2)ヴィジョンの対話的共有の重要性
(3)カリキュラムにおける汎用的スキルの位置づけ
(4)資質・能力の教科横断的で長期的な指導と評価
第2章
今求められる学力・学びと指導と評価のあり方
資質・能力ベースのカリキュラム改革の展開
  (1)改革の根っこをつかむ
(2)「真正の学習」の必要性
(3)資質・能力ベースのカリキュラムの危険性と可能性
日本の教師たちが追求してきた創造的な一斉授業の発展的継承
  (1)資質・能力育成とアクティブ・ラーニングが提起していること
(2)「わかる」授業の問い直しと学力の三層構造の意識化
(3)練り上げ型授業の問い直しと知識構築学習
教科本来の魅力を追求することで新たな授業像を展望する
 

(1)教科本来の魅力とは
(2)「教科する」授業というヴィジョン
(3)学びのプロセスに教科の本質を見いだす目
(4)「教科する」授業の実際
(5)深い学びをどう創るか
(6)アクティブな授業と知識習得との関係

新しい評価の考え方とパフォーマンス評価
  (1)パフォーマンス評価とは何か
(2)パフォーマンス評価が提起する評価のパラダイム転換
(3)魅力的で挑戦的な課題づくり
(4)ルーブリックとは何か
(5)ルーブリックを用いたパフォーマンスの解釈
ルーブリックの効果的活用のために
  (1)行動目標に基づく評価とパフォーマンス評価との違い
(2)学習者の学び続ける力を育てる評価へ
引用・参考文献
back
アンダーライン
(C)2017 Nippon-Hyojun