計算力・集中力が楽しく身につく!楽習教材スイッチ・オンとは?

View
596
作成者:
日本標準

楽しく学習できる算数教材「スイッチ・オン!」をご紹介します。

スイッチ・オン!国語の紹介記事はこちら


1.「スイッチ・オン!」とは?

「スイッチ・オン!」は、みんなで楽しく取り組める算数教材です。

タイプの異なる2つの紙面を見開きで構成した、やればやるほどもっとやりたくなるユニークな教材です。

子どもたちの学習を楽習がくしゅう(楽しく学習)に変える問題構成になっています。

2.いつ使うの?

朝学習・授業の導入・宿題など、幅広い使い方ができます。

児童用解答が付いているので、子どもたちだけで答え合わせができることも、
「スイッチ・オン!」の魅力の1つです。

3.問題構成と特長

「スイッチ・オン!」では、A(右ページ)とB(左ページ)でそれぞれタイプの異なる問題を出題しています。


A  スピード計算(左ページ)

A(左ページ)は、解くタイムをはかってできるだけ素早く計算を解くページです。
タイムをはかることで、「前回よりもタイムを縮めたい!」という気持ちが子どもたちの中に生まれ、計算力と集中力がアップします。

問題は1年生~当該学年までの学習内容から出題しているので、復習にも役立ちます。
他の教材だと復習できるのは1つ前の学年の学習内容だけだったりすることが多いですよね。
「スイッチ・オン!」なら1年生のたし算・ひき算の内容からバッチリおさらいできます。

授業のはじめにみんなでスピード計算に取り組めば、子どもたちの頭を算数モードにパッと切り替えることができます。
10分以内で1ページが答え合わせまでできる分量になっているので、さくっと取り組めます!


B  多彩な問題 (右ページ)

B(右ページ)は、子どもが夢中になって解きたくなるような面白い問題を出題しています!
文章題の場面を絵や図で表す問題や、先生のようにテストの採点をしてみる問題など、最初から最後までずっと子どもたちの好奇心をくすぐる楽しい問題に取り組めます。

4.学年別の問題例

バラエティ豊富な問題が魅力の「スイッチ・オン!」。

ここでは、実際にご使用の先生方から特にご好評いただいている問題を、各学年で1ページずつご紹介します。

1年 ぴったりなのはどれ?

問題内容 
回転図形の問題です。元の形を回転させてぴったり重なるものを探します。

ポイント 
①パズル感覚で楽しみながら解くことができます。
算数・数学の図形単元で必要な「図形を操作する力」や「空間認識能力」の育成に役立ちます


2年 〇つけにチャレンジ!

問題内容 
先生になった気分で答案の書かれたテストの採点をする問題です。

ポイント 
①〇つけをする体験を通して、間違いやすい箇所に気が付くことができます。
②見落としている箇所がないかよく見る必要があるため、注意力や集中力がアップします。

   

3年 重ねたもようはどれ?

問題内容 
複数の図形を重ねてできる模様を探す問題です。

ポイント 
①組み合わせた図形を考えることで想像力が養われます。
複合図形の求積に必要な「既習の図形の組み合わせとして1つの図形をとらえる力」の育成に役立ちます 

 

4年 今日は回転ずし!

問題内容 
皿によって値段が異なる回転ずし店を題材に、与えられた条件でそれぞれがどのような組み合わせで寿司を食べたのか考える問題です。

ポイント 
①日常生活の場面設定の問題なので、算数をより身近に感じられます。
②既習の計算を組み合わせて考えることで、計算の活用力がアップします。  


5年 たからのありかをさがそう!

問題内容
与えられた条件から宝のありかを探す問題です。

ポイント
①宝探しという子どもたちが興味を持ちやすい題材なので、楽しみながら解くことができます。
既習の数や作図についての知識を組み合わせて考えることで、活用力がアップします。 


6年 単位の達人

問題内容 
重さ・長さ・面積・体積について適切な単位を答える問題です。

ポイント 
①5年生までに学んだ単位について復習することができます。
さまざまな単位で表された量をイメージすることで、見当をつける力が身に付きます。    


いかがでしたか?

心躍る問題に思わず解きたくなる「スイッチ・オン!」。

他にもまだまだ面白い問題がたくさんあります。

ぜひ、クイズ感覚で楽しく解いてみてください!

5.編集者からのメッセージ

「スイッチ・オン!」は子どもたちが学習に夢中になれるしかけがたくさん詰まった教材です。
実際にご使用いただいている先生方からも「『スイッチ・オン!』をやると子どもたちが喜びます算数が苦手な子でもやる気になって取り組んでいます」といった嬉しいお声を多くいただいております。

色々な場面で手軽に使える教材なので、是非「スイッチ・オン!」を活用してみてください!

また、「スイッチ・オン!」は算数だけでなく、国語でも発行しています。
「スイッチ・オン!国語」も楽しい問題がたくさん詰まっているので、チェックしてみてください。

紹介動画

関連する学校教材

関連する教材・教具特集

コメント

コメントがありません

人気のキーワード

人気特集ランキング