語り合う楽しさを

View
99
作成者:
日本標準

12月5日の日曜日。 朝ではない、もう夕方。

昨日からちょっと出かけて、先ほど帰宅した。

 

ウイルス禍もあり、今の世の中「対話」が減ったと思っている。

子どもたちも、大人も、家族の中でも。

そして対話が減った分だけ、それぞれが先のことに不安を持ち始めているような気がしている。

出かけた先で話しかけたのは、「エンパシー」と「コミュニケーション」の大切さについて。

こんなときだからこそ、どんどん話しかけよう、どんどん話を聞こう、と。

結果、若い人たちとじっくり話ができたことは、とても幸せだった。

 

帰宅して朝刊を広げると、自民党の「憲法改正推進本部」が「憲法改正実現本部」に名称変更されたというのがあった。

詳しい事情は分からないが、実現に意欲的なのだろう。

そして議論をするのは、とても良いことだと思う。

ただ、国の屋台骨の憲法である。

政治のレベルだけではなく、広く国民レベルの話し合いになってほしい。

みんなが関心を持って、語り合えればいいなあと。

 

昨日の楽しい語り合いのことを思い出しながら、そんなことを考えた。

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントがありません

人気特集ランキング